スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
あつはなついのさ。
テストが終わりまして、いつもどおりあとは天命を待つのみです

5年間ダテにテスト受けてないね、もちろん緊張はするけれども、
踏んだ場数のおかげで()、今回は比較的落ち着いて受けられました。

で昨日帰りまして、今日提出締め切りの、ある書類を探すために
「この本棚ひっくり返してでも探さなきゃ。。」
と思いつつ、ふと目をやったところに、ちゃんと居てくれました
いやぁ、その2日前からそこら辺を探していたのに、フッといきなり見つかる、
なんということだ。
テスト対策で研ぎ澄ましたのは、もしかしたら第六感的なものだったのかもです

昨夜は就寝こそ10時ころだったんですが、
『2モカ2強強』というヤクが入った体は3時間くらいで目覚めてしまいました
まぁ、卒業にかかわる『最後の』テストが終わった、という興奮もあったのでしょう


ほんで、何やかや時間をつぶして朝を迎えました。
今日の予定は例の書類の提出のみ。

大学の事務室は9時開室なので、とりあえずそれにあわせて登校&提出。
端末室でネットやりながら本日のイベントを思案していたら、
前からCM等で気になっていた、
『ジブリの絵職人 男鹿和雄展 -トトロの森を描いた人。-』
に行こう!!と思い立ったわけです。

僕は幼稚園時代から『となりのトトロ』をきっかけにスタジオジブリの大ファンでありまして、
なんてったってその作品の世界観は他のアニメとは比べ物にならないでしょう。
その舞台を描き出す男鹿さんの絵を見られるときたら、もうテンション上がらないわけがナイ

さーて辿り着きました、東京都現代美術館。
展示作品をじっくり観賞しながら(僕は特にゆっくり見る方です)、
脳裏にしっかり焼きついているはずの映画作品でも、背景だけを見ると、
意外な発見をするなど大変新鮮でした。

展示内容は大きく2つ。
前半は、ジブリ作品を中心とした男鹿さんの作品展示。
後半は、「背景をどうやってアニメーション化するか」などの技法の紹介と、いろいろな体験コーナー。

前半では、順路の途中、森の中でトトロが寝てました
後半では写真を撮っていいパートが多かったので、しっかりケータイカメラに収めてきましたよ。
たまたまですが以下全部「となりのトトロ」より。(写真クリックで拡大…のはず)

2007072701

メイとサツキの家。3m四方はあったかな、めっちゃデカく伸ばした背景です。
被写体がいればその大きさがわかるんだけど、なんせ独り身ですからね

2007072702

ちょと進んだらトトロがお出迎えしてました
背景も上と同じくらいデカいんですが、トトロ、あんたもデカいよ
ちなみにこの背景、たしか、この展覧会のポスターの絵だったと思います。
「となりのトトロ」の肝心な舞台ですな。

2007072703

これもこの作品の印象的なシーン、バス停のトトロ。…?
えぇ、間違いなくトトロですよ。    折り紙の。
種を明かせば、広いスペースで「トトロを折ろう」というコーナーがありまして、
何の恥ずかし気もなく、大の大人がこぞってオリオリしてました。
そんな僕もトトロ作りに熱中いたしました。
で、その結果がこれ。
…おれに必要なのは絵描きの才能だ


あと、写真は撮っちゃいけなかったんですが、
男鹿さんが作品を仕上げていく過程を追ったVTRが流れていて、
溜め息が出てしまうほどのスゴ腕だということを再確認しました。
アレはほんと、神懸りの才能ですゎ



そんな感じで男鹿さんの世界にどっぷり浸かっていたら、
3時間半も経っていました笑

その足でビックカメラに寄って、
「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」のDVDを買っちゃったのは、
完全にあの世界に洗脳されてしまった結果です




今日は充実した日になりましたー
明日はさっそくDVD見ようかしらねぇ。
あ、花火があるらしーけど寂しいので見ません。荒天になれ。



じゃぁの。
スポンサーサイト
【2007/07/27 23:24 】 | diary | コメント(0) | トラックバック(0)
<<電車で爆睡できるようになった | ホーム | 栄枯盛衰>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。